cTraderのスマートロスカットはどのように動作しますか?

cTraderプラットフォームでは、公正ロスカットとスマートロスカットの二つのタイプのロスカットがあります。

公正ロスカットの理論はMetaTrader 4/5プラットフォームのロスカットと似ています。

ロスカット値に達すると、プラットフォームが他のポジションの証拠金レベルを保つことを目的として、最も大きな証拠金のポジションから決済を始めます。

スマートロスカット理論は、証拠金レベルを常に現在のロスカットレベルの少し上に保つことができるように、ポジションの一部のみを決済します。

cTraderでのスマートロスカットの仕組みの例

例にはスプレッドおよび(もしくは)ブローカーの手数料は加味されていません。

条件:

口座残高:500 USD
口座の有効証拠金500 USD
レバレッジ:1:500
スマートロスカット:50%
証拠金レベル:100%
1つ目の未決済ポジション買い200,000 USDJPY
2つ目の未決済ポジション買い50,000 USDJPY

USDJPYがの価格が10ピップス以上下落すると、証拠金レベルが50%以下となり、スマートロスカット機能が発動します。

計算:

250,000 USDJPYのピップス値:2,500 JPY (24.67 USD)
損失ピップス数:10.2
未決済損益:24.67 USD × 10.2 = 251.63 USD
有効証拠金:500.00 USD – 251.63 USD = 248.37 USD
証拠金レベル:248.37 USD ÷ 500.00 USD × 100% = 49.7%

こちらの例から分かる通り、口座の証拠金レベルがスマートロスカット以下に落ち込みました。この場合、cTraderプラットフォームは、必要証拠金金額を開放するために最も大きなポジション(1つ目のポジション)を部分的に決済します。

200,000 USDJPYのポジションは、2,000 USDJPYを売ることにより、198,000 USDJPYに変更されます。

計算:

2,000 USDJPYのピップス値:0.1973 USD
損失ピップス数:10.2
損失金額:0.1973 USD × 10.2 = 2.01 USD
未決済損益:251.63 USD – 2.01 USD = 249.62 USD
248,000 USDJPYのために使われている証拠金:496.00 USD

損失により、口座の残高および有効証拠金は以下のように変更となります:

残高:500.00 USD – 2.01 USD = 497.99 USD
有効証拠金:497.99 USD – 249.62 USD = 248.37 USD
証拠金レベル:248.37 USD ÷ 496.00 USD × 100% = 50.1%

スマートロスカットの結果として、証拠金レベルは50.1%に上昇し、取引口座の合計残高への影響を最小限に食い止めました。